内職・在宅バイト、お得情報を紹介。ネット内職しながら、お得な情報で笑顔になっちゃおう!                          .
ネットの内職・お小遣い・お得情報紹介
ネットで内職★副収入

 無料で始められるし、好きな時にお金を稼げる!
   お小遣い程の金額から本格収入まで一挙公開!
ネットで内職★副収入レビュー ≫ ネット収入のしくみ
HOME
内職情報(初級編)
ネット収入のしくみ
準備するもの(初級編)
PCメール受信で内職詳細
PCメール受信サイト一覧
アンケート回答で内職詳細
アンケートサイト一覧
ゲームをして内職サイト一覧
懸賞Getで内職サイト一覧
サイト利用で内職サイト一覧
リードメールで内職サイト一覧
携帯電話で内職サイト一覧
内職情報(中級編)
準備するもの(中級編)
アフィリエイト詳細
アフィリエイトサイト一覧
リンクスタッフ詳細
リンクスタッフサイト一覧

ネット収入のしくみを説明する例に、テレビや雑誌のメディア広告の例が
よく使われています。
インターネットが普及する前から、企業は売りたい商品を宣伝するために
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌等の広告を利用してきました。
中でもテレビはNHK以外の地上波放送はタダでドラマや歌番組や映画等
をみることができます。
それは企業が番組途中にCMを入れて宣伝活動をするためにスポンサ−になって、
テレビ局にたくさんのお金を払っているからなんです。
ラジオ、新聞、雑誌も同じで、ラジオ番組の途中のCM、新聞の下の広告欄、
雑誌の広告ページ・・・というように、企業は各メディアに宣伝するためにお金を払っています。
世の中のたくさんの人に売りたい商品を知ってもらえば、その分売れるという理由からです。


最近は新聞やテレビを見る機会が減り、その代わりにインターネットで楽しんでいる
若い世代が増えてきました。
インタ−ネットがこれ程まで普及してくると、宣伝活動をするメディアの大きな柱の一つ
になったという他ありません。
たくさんの人が訪れる人気のあるサイトに広告を貼れば宣伝でき、広告を見てくれた人が
消費者なってくれるかもしれません。


インターネットはテレビやラジオと同じ様に宣伝活動するべきメディアになりましたが、
テレビで言う番組コンテンツに値するのは、企業や個人のサイトになります。
ということは、個人でサイトを運営している人にも、企業から広告費を受け取る可能性
ができたことになります。
また商品を知ってもらうためにメールを利用することもできます。新聞の折込広告や
ダイレクトメールの様に情報を直接発信したら企業は一部につき○○円を新聞屋さん
やダイレクトメール屋さんに支払っています。同様にインターネットでのメールでも情報の
発着にお金が発生しています。



この様にインターネットでは、企業の広告費を個人も受け取ることができる様になりました。
せっかくインターネットを利用しているなら、この広告費をGetしましょう!


準備するもの(初級編)

このページのTOPに戻る